かわいい二人

c0185176_21473980.jpg
c0185176_21560846.jpg

[PR]
# by chiro7171 | 2018-06-15 21:47 | すみれの国 | Trackback | Comments(0)

パワースポット


色々な事があり、疲れていた時に
おそらく101回目のタカラヅカへ。
二階席の少し後ろの方で3500円の席が取れたので
思いつきで行くことに。
この公演は初舞台生の出る公演で、
初めて舞台に立つタカラジェンヌのラインダンスがある。

みんなすごく可愛くて、一生懸命で、健気に踊っていて、
なんというか、フレッシュな空気感に
なぜか涙。
誰一人知り合いもいないのに、
親戚のおばちゃん目線。
まさかラインダンスで大泣きするとは。
悲しいとかいう要素ゼロなのに。
c0185176_23293359.jpg

そしてやっぱりいつの間にかレジに並んでて、
気づいたら買ってしまっている。
c0185176_23294324.jpg
タカラヅカついでに、
元気が出る動画



[PR]
# by chiro7171 | 2018-06-03 23:29 | すみれの国 | Trackback | Comments(0)

つれづれ 3 ~ぐるぐる編~


長所とか短所とかいうことに疑問を感じる。
対する人や状況によって良くも悪くもなるからだ。
自分に合った場所や人を見つけることができればいいだけなのだと思う。


雨の日の朝のスーパーは人がまばらだ。
雨にぬれても人が多いよりはいい。


わたしの母とその妹は昔、
保育園を1ヶ月程で辞めたそうだ。
みんなと同じにする必要はなく、
幼児期が大事とか言われていても結局
特に何も問題なく大人になって暮らしている。
たとえスマートフォンに疎くても。
ガスバーナー使いこなせても。


小学生のとき、雨の日に友達とかたつむりをいっぱい集めて
かたつむりの家を作った。
楽しくてわくわくしたまま箱の蓋を閉め、
次の日にはすっかり忘れて学校へ行ってしまうのだった。


他人をほめることはむずかしい。
本人が余程認めてほしいと思ってることならよいけれど。
だからなるべく言わない方がいいこともある。


その場所に横になると、甘い匂いがしてくる。
近くにゴミ箱があって、チョコレートのくずとかが
常に入っているからだと思う。
普通に、近くにチョコレートを置いとけばいいのにと思う。


小学生の時、今日傘を持って行くかどうかというのが
深刻な悩みだった。
誰も持っていない日に一人だけ持ってるのは嫌だし、
皆持ってて自分だけ無いのも焦る。
折り畳み傘の存在を教えてやりたい。


ほめられた日の次の朝、大きく落ち込む。
わたしにとっては誉め言葉ではなかったのだと気づく。
喜ばないといけない気がしていただけだ。
自分のほんとうの気持ちは、日が経ってみないと分からないこともある。


小学3年の時、学校の成績は散々なものだった。
体育会系のきびしい先生だった。
先生がかわって、5年生の時はすごく評価してもらえた。
引っ込み思案な性格でも評価してくれる人はいることを知った。
その時のことは、今でも少しの自信になっている。
どんな子供も、自分の持ち味を分かってくれる人に出会えるといいと思う。


[PR]
# by chiro7171 | 2018-05-31 11:05 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

つれづれ 2


犬好きの人は海が好きで
猫好きの人は山が好きな傾向があると
TVで誰かが言ってて、当てはまるなぁと思った。
「海行こう」って思った事が多分ないと思う。

家のあちこちに、気をゆるめるためのものを置いている。
台所に、好きな言葉を集めた日めくりカレンダーのようなもの。
色んな人の言葉。ジョン・レノンから大槻ケンヂ、ムーミンママまで。
あと、ものすごい脱力感のあるマンガもすぐ手の届くところに。
それに、人から死角にタカラジェンヌのポスター☆

道端で
おばあちゃんと喋っていたら、ぴゃっと笑った拍子に
彼女の食べていた飴玉が
どこかに転がって行ったらしく、
「どっか行ったよ」とニコニコ笑う。

娘は、だんごむしを
おだんごむしと言う。
なるほどと思う。
「ハックシャミ」と言いながら
くしゃみするマネをする。
なるほどと思う。

つい家の中で履くボロボロの靴下を履いて
出かけしまい、
さらに変な中国雑技団のような靴も履いていたため、
なんとなく道行く人の足元ばかり見て歩く。

駅の近くの古い商店街を歩いてみたら、
おばあちゃんちのような
懐かしい匂いがした。
もういくつかしかお店がやってない商店街。

自宅の庭でガスバーナーを使いこなす親戚のおばさんは
スマートフォンはうまく使えない。
電源の切り方を教えてあげたら、
「電源切ることってできるんだ!」と
とても驚かれた。

もうボロボロの靴下を履いてでかけないぞと思い、
ちゃんとしたものを履いたのに、
やっぱり足元が変だった。
変なのは靴だと気づく。

人間には得意なこと不得意なことがあり、
何かができなくても別に良いのだと思う。

子供のことで世間と関わると、
やっぱり日本って個性よりも
標準的な成長具合や、みんなと足並み揃えなくてはいけないような環境なんだなと実感する。
それぞれ自分らしさを認めて貰えてのびのびするのは
むずかしいのだろうか。

人間の中に、たまに天使のようなものが紛れている気がする。
全然知らない人が優しい言葉をかけてくれたりした日には
そんな風に思う。
そのたった一言で、またしばらくがんばることができる。


[PR]
# by chiro7171 | 2018-05-29 22:43 | つれづれ | Trackback | Comments(0)

∧ ∧

c0185176_22221504.jpg
にゃっと出てきてこんにちは

[PR]
# by chiro7171 | 2018-05-24 22:22 | つれづれ | Trackback | Comments(0)